お年寄りの家庭介護を始めるには?(U)

【家族や親戚の間で十分な話し合いをもつ】

介護者の健康面や経済面への負担は大きなものとなります。役割分担や経済的なこと、

将来の展望など、困ったときにこそ助け合えるように親戚同士、家族の間での話し合い

は不可欠です。


【介護を生活の中に組み込み、時間を上手に分配する】

生活のリズムを作るために、日課表や週間予定表などでスケジュールを立てましょう。

食事や睡眠、入浴などの生活上の基本的な時間は十分に確保し、ゆとりを持った時間

割にします。日課表の中には必ず自分のための休養や息抜きの時間を取りましょう。

また、一週間のうち1日は空白の日を作り、それまでにこなせなかったことや突然の

用事などにあてるようにします。できあがったスケジュール表は貼り出して、家族にも

協力してもらうようにするとよいでしょう。


【介護をする人自身の健康管理を行う】

心と身体のどちらかにでも疲れがたまっていると感じたら、迷わず休養をとりましょう。

地域のサービスを利用して介護者自身のゆとりの時間を作るのも一つの手段です。

健康診断の機会はのがさず、自分の健康管理も怠らないようにしましょう。

息の長い介護を続けるために、公的なサービスを有効に活用しましょう。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。