お年よりの家庭介護を始めるには?(T)

お年寄りに介護が必要となったときは、まずは専門のスタッフに今後の介護をどのよう

にすすめたらよいか相談しましょう。

各市町村の社会福祉協議会、福祉課や福祉事務所、病院の医師や看護婦、保健婦、

在宅介護支援センターなど、相談先はいろいろあります。「身の回りのお世話に関する

こと」「療養に関すること」など相談内容によって窓口を使い分けましょう。


【身の回りのお世話について】

・市町村の高齢福祉担当課または介護保険担当課

・市町村社会福祉協議会(各市町村)

【心身の健康・療養・リハビリについて】

・市町村保健センター(各市町村)

【施設利用について】

・市町村の高齢福祉担当課


(介護者の体制づくり)

介護が長期にわたりいつまで続くか分からない、先の見通しが立たない場合の家族の

心労は計り知れません。息切れすることなく介護にあたるために、介護者の体制を整え

ましょう。


(福祉サービス・施設を積極的に利用する)

地域では、ホームヘルプサービス、デイサービス、保健婦による訪問指導、機能訓練


などさまざまな福祉サービス・医療サービスがあります。介護疲れや寝たきりを防止する

ためにも積極的に利用しましょう。

【ホームヘルプサービス】

家事援助や介護など身の回りのお世話をしたり、相談や助言サービスを行います。

【デイサービス】

日帰りで生活機能の低下防止や介護家庭の負担を軽くするためのリハビリ・入浴サー

ビスなどさまざまなサービスを行います。



以下は在宅福祉サービスの例です。

【ショートステイ】

介護をしている方が病気その他の理由で介護できなくなった時に、一時的に施設でお預

かりしてお世話するサービスです。

【移動入浴サービス】

家族の手では入浴が困難な家庭に、移動入浴車で訪問して、入浴サービスを行います。

【地域ケアシステム推進事業】

援助を必要としている在宅のお年寄りに対し、地域ぐるみでチームを作り、互いに

連係を取りながら、それぞれの状況に合ったサービスを提供します。

※その他、実施しているサービスは市町村によって異なります。お住まいの地域で

ご確認下さい。








この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。