認知症(介護者の問題)

『認知症』を病気という概念で見ると上記の症状の変化は当然のことなのですが、
『認知症』を病気という概念で見ることは最近のことなので当然と思われない方もいます。


それは、
見方を変えて『痴呆老人』とか『ぼけ老人』という言葉を使いますと、

それが思考停止(※注)のキーワードとなり、「もう何も解らない人」「何を言っても

ダメ」とか言う間違った理解になりますので、用心が必要です。

無意識の一言が介護に必要な信頼関係を破壊します。

「あなたの不用意な言葉は覚えられています。」

こういうこともある、と 覚えておいてください。


※注『思考停止』
『男は・・だ』とか『女は・・だ』とか言うと、心理的にそれ以上の議論が出来なくなり、

後は水掛け論になるような、その時点で話が終わってしまうという、『人々の思考を停止

させてしまう』恐るべきキーワードが色々とありますが、『痴呆』とか、『ぼけ』という

言葉もそれに該当しています。

又、ちょっとずれますが、世間には思考停止のキーワードを話術に組み込み

自分に都合よいようにそれを意識的に使う人もいます。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。